周辺機器・デバイスレビュー

『HyperX Cloud Revolver』レビュー。 -高水準にまとまったゲーマー向けヘッドセット

001“Kingston Technology(キングストンテクノロジー)”から発売されたゲーミングヘッドセット『HyperX Cloud Revolver』 をご提供頂きました、ありがとうございます!という事でさっそくご紹介させて頂きます。

なお今回のレビューを掲載するに辺り、JCG GeForce:Challenge Finals(R6S)等で優勝経験のあるRiskivzyAt’z氏にも製品を使ってもらいレビューのご協力をいただきました。ありがとやで!

004

HyperX Cloud Revolver(公式ページはこちらから

HyperX Cloud Revolver TMは、オーディオ精度を向上させるために距離感と奥行きを作り出すワイドレンジを備えています。敵が遠くにいても、その位置を正確に聞き取り、競技シー ンでの勝利を手に入れましょう。オーディオプロファイルの再設計によって、広大なサウンド空間を作り出しています。そそれはFPSなど広いフィールドを持 つゲームのプレーにおいて理想的です。また、コンサートホールのような音の広がりを再現するため音楽を楽しむことにも適しています。次世代型50mm指向 性ドライバーは、音の発生位置を正確に再現することができます。HyperX Cloud Revolverヘッドセットが1台あれば、PCとゲーム機の両方で使用できます。

特長

  • スタジオグレードのサウンドステージ
  • HyperX のロゴを入れた高品質なレザーレット素材の低反発クッション
  • 耐久性に優れたスチールフレーム
  • 取り外し可能なノイズキャンセリングマイク
  • 次世代型指向性50mmドライバー
  • マルチプラットフォーム対応

開封時のファーストインプレッションは「クールなヘッドセット」でした。デザインが綺麗でとてもカッコよく作られており目を引くなという印象です。デザインはヘッドセットの性能には直結せず係りの薄い部分ではありましたが、昨今では考え方が変わってきておりデザインも重要な要素であると私も考えております。

理由はいくつかありますが、昨今のゲーマー間ではストリームが一般的に広まっております。ストリーマーはウェブカメラ等を使用してストリームを行う場合が多くその際に目を引くデザインであることは優位に働きます。次に、デザインが好みであればあるほど自身のモチベーションに繋がってきます。そうした理由から、デザインにも目を配りたいと考えました。

付け心地

003本体の重量は比較的重めに作られており、手で持ってみるとどっしりと感じますが、いざ装着してみると他のヘッドセットより軽く感じます。頭を包み込むような形で動くクッション部分がその辺りを上手く調整しているのかなと思います。締め付けはきつすぎず、緩すぎずといった印象で綺麗にフィットしてくれます。長時間ヘッドセットを使用することがとても多い私ですが、『HyperX Cloud Revolver』を使用していて疲れを感じることは少なくなったと感じております。

イヤー部分のクッションも良い硬さで同じ密閉型だと耳が痛くなるタイプがありましたがそういったこともありませんでした。また、私はPCメガネを使用しておりますのでヘッドセットを着用する際にはメガネを使っていても痛くならないことが絶対条件でもありますが、全く問題ありませんでした。気を付けたいところは、使用時期が夏ということも重なり密閉型であるために耳が痒くなってしまうことがありました。定期的に汗を拭くなどの対策は必要かも知れません。

音質

価格から考えとても優れた音質だと思います。私は初めに『HyperX Cloud Revolver』の音の広がりに驚きました。音が響き、広がる感覚に最初は驚くかもしれませんがこの独特なサウンドはゲームの雰囲気を変え、コンペティティブなプレイヤーにとっても優位に働くと考えます。低音がやや強めにブーストされておりますが、高音もしっかりと掴んでおりFPS等の足音を逃しません。また、音の広がりが距離感を表してくれるので一つの音で多くの情報を手にすることが可能です。

音楽を聴く際にもストレスをあまり感じること無く使用することが出来ました。音楽を聴きながら、ゲームをプレイする方にとってもとても良い選択になると私は考えます。クリアなサウンドなのに音がしっかり響き、広がり、ゲーマーにとって優位に働くのは間違いないでしょう。

マイク

ボイスチャットコミュニケーションをする上でストレスを感じることはまずありません。Cloud,CloudXでは若干のホワイトノイズがありましたが、Revolverではそこも改善されております。ヘッドセットマイクとしてはとても優れたマイクであると考えます。マイクの集音性能も高く、しっかりと設定をしないと息や生活音が多く入ってしまいます。

ただやはり、ヘッドセットマイクの中では比較的優秀であるとは書きましたが、ストリームなどに使用する場合はどうしてもストレスを感じてしまうと思いますので、そこはご注意下さい。

まとめ

003

究極のゲーマー向けというキャッチフレーズに負けない出来であると断言できます。デザイン、音質は上記の通りでゲームをプレイしていく上で貴方の支えになることでしょう。また、音量やマイクのコントロールを手元で変更可能なコントローラーもついていますのでプレイ中であってもストレス無く操作可能です。その辺りもゲームプレイヤーの目線で考えられており素晴らしいヘッドセットであると言えます。

値段以上の価値が『HyperX Cloud Revolver』にはあります。もし、現在ヘッドセットでお悩みであれば是非手に取って頂きたい商品です。また、ハードコアゲーマーの貴方も必ず一度は使用することを薦めます。貴方のゲームライフにとって大きな支えになるポテンシャルを『HyperX Cloud Revolver』は秘めています。

以下のHyperXシリーズも過去レビューさせて頂きました。
(リンク先は各レビューページです。)

ゲーミングSSD 『HyperX Savage SSD』

ゲーミングヘッドセット 『HyperX Cloudホワイト・エディション』
ゲーミングヘッドセット『HyperX Cloud II』

ゲーミングマウスパッド『HyperX Skyn Mouse Pad』
ゲーミングマウスパッド『HyperX FURY Pro』

ピックアップ記事

  1. 2017年、あけましておめでとうございます。
  2. 『HyperX Cloud Stinger』レビュー。 ―カジュアルゲーマーも手…
  3. LANパーティ『C4』が返ってくる!今度は参加企画も予定してます。(C4LAN …
  4. 持ち込みLANパーティ『C4 2016 Fall』へ遊びに行ってきました
  5. 『HyperX Cloud Revolver』レビュー。 -高水準にまとまったゲ…

関連記事

  1. 周辺機器・デバイスレビュー

    ダーマ・タクティカルマウス(DRTCM03)と飛燕を買いました。

    新しいマウスとマウスパッドを買ってみました。今回はダーマポイントのタ…

  2. 周辺機器・デバイスレビュー

    ゲーミングヘッドセット『HyperX Cloud II』レビュー。

    以前にKingston Technology社製品のゲーミングヘッドセ…

  3. 周辺機器・デバイスレビュー

    ゼンハイザーのゲーミングヘッドセット『G4ME ZERO』 使ってみた感想とかレビューとか。

    皆様こんにちは!お元気でしょうか。私はあいもかわらずゲームづくしの毎…

  4. 周辺機器・デバイスレビュー

    GeForce GTX680でBattlefield3を遊んでみました。

    最高画質設定にトライ前回の日記で「新しくPCを新調したらPC版のB…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 【LANイベント】C4 LAN 2017 SPRINGまであ…
  2. LANパーティ『C4』が返ってくる!今度は参加企画も予定して…
  3. 2017年、あけましておめでとうございます。
  4. 期間限定『ポプテピピック ポップアップショップ』へ行ってきま…
  5. 『HyperX Cloud Stinger』レビュー。 ―カ…
  6. 持ち込みLANパーティ『C4 2016 Fall』へ遊びに行…

カテゴリー

げむすぱ放送部

ゲーム情報サイトGame*Spark様のニコニコチャンネル内にて、Milkydriftさんと交互にゲーム配信の実況パーソナリティーを担当しています。旬なゲームからちょっとマニアックなゲームまで幅広く配信中。



げむすぱ放送部:毎週 火曜・金曜の21:00からニコニコチャンネル、Youtube Live内にて放送中。



New Game+(同チャンネル内):毎週木曜の20時から21時まで、1週間のゲームニュースをメインに進行していく番組です。

ニコニコチャンネル(リンク)
Youtube(リンク)

G2A 公式パートナー

ereco banner

海外ゲームショップ:G2A.com(リンク)

PCゲームが安く買える『G2A』で、いつでも使えるクーポンコードを発行しています。よかったら使ってやって下さい。

コード名:ereco

コードやG2Aに関する詳しい内容はこちらの記事からどうぞ!

PAGE TOP