Brink レビューとか感想とか。

brink-mome.jpg

買いましたよ!Brinkを!(倒置法)ということで、見切り発車な文章でスタートしちゃって軽く後悔していますが気にせずいきましょう。

アジア版Brinkを購入しました!当初アジア版の発売日は5月17日だったのですが、急遽前倒しで発売されることになりまして(北米版は10日発売だった模様なので、急遽あわせたのかな?よからぬ事情でもげふんげふん)14日のお昼前に我が家に無事到着しました。

このBrink、日本語版も発売されるのですが色々あって、当初の発売日が

【Xbox360版】旧発売日:2011年5月26日(木) ⇒ 新発売日:2011年6月16日(木)

【PlayStationR版】旧発売日:2011年5月26日(木) ⇒ 新発売日:発売日未定

と変更になったり(PS3はしょうがない部分もあるかと思います。)、しまいには

オンライン対戦のオンラインマルチプレイが国内のみになります。

(公式サイト:『BRINK』に関するお知らせ より)

と、とんでもない鎖国オンラインな仕様になってしまったり、まぁぶっちゃけるとお葬式状態な訳ですがはてさて・・・とりあえず、思うところはありますがひとまずゲームをちょこちょこっと遊んだ感想をば

続きはBrink(主にcoop、キャンペーン)のプレイ感想。



■ストーリー概要

brink-ark.jpg

アークと呼ばれる水上に浮かぶ巨大都市が舞台。地球環境の危機により、世界中の人々がアークを探し非難してくることに。避難民達はあらゆる手段で生き残るために必死であり、元々アークに住んでいた人や子孫もまたアークを守ろうと必死な日々を送っています。

やがてアークに住む住民側と、避難民との間での考えの違いなどにより、闘争へと発展。住民側の「セキュリティ」と避難民側の「レジスタンス」によるアークの支配権を奪う戦いが始まります。

■で、どんなゲーム?

20110516004.jpg

キャラのカスタマイズは結構豊富!体系はデブぽっちゃり

20110516006.jpg

もやしスマートにもなれるよ!

最初にセキュリティ側として遊ぶか、レジスタンス側として遊ぶか選択しますが、これは後で変更も出来ます。セキュリティ側とレジスタンス側でミッション内容も異なってくるので、その違いは楽しいですね。

キャラカスタマイズは事前情報として豊富にあると聞いていたのですが、なるほどけっこう豊富だなーと。ただ顔などは決まったパターンから選ぶ方式なので、この点はちょっと残念。ちなみに刺青を入れる事も出来ますが一度いれると消せません。(時間がたてば消えるのかどうか謎ですが、私は今の所消せません><)

あとは重要な概念として、キャラカスタマイズでの体型(Body Size)で、自分が使える武器、動作の違いなどがでてきます。体系がヘビーだと体力が大きく、武器も制限なしで重い武器も使えますが、移動に制限がかかったり逆にライトキャラだと、サブマシンガンくらいしか持てませんが、移動が素早かったり、ヘビー体系がジャンプで上れない場所へ上れたりします。

個人的に武器のアタッチメントのカスタマイズが意外と豊富だったことに驚き。この武器のアタッチメントを解除するにはチャレンジとよばれるモードをソロでクリアしないといけません。なかなかこれが難しくて、個人的にはやりがいがあって面白いと思う事もあれば、おいこれ運ゲーだろwwwって思う場面も少なからずあるので人によってはつまらない(というかイライラしてくるかも^^;)感想を持たれてしまうかもしれません。

20110516009.jpg

キャンペーン中のクラス選択画面。事前にオプションで設定しておく事もできます。ゲーム中でも好きなクラスへ変更できます。ミッションによっては特定のクラスでオブジェクト操作などを要求される場合もあります。この辺はBFBC系統の兵科とほぼ一緒です。

20110516002.jpg

アビリティは全部で52種類あります。クラス関係なしの基本アビリティと、各クラスの特定アビリティがあります。レベルが上がるにつれてアンロックされていきますが、使用コストが20と決まっており、この数値を超えない範囲でスキルをつけていく事になります。(やっぱり強力なスキルは使用コストが高いです。)

20110516010.jpg

「シームレスにオフとオンを行き来できる」という謳い文句がありましたが、キャンペーンのマップでソロかCoopか対戦かを選ぶというシステムです。一人で遊んでいる場合、ソロの場合はBOTが味方に入ってくれます。自分がセキュリティ側で遊んでいる場合、レジスタンス側の人が部屋に入ってくると対戦する事になります。

■ で、結局面白いの?

20110516011.jpg

本来ならこの辺でまとめに入って感想を書いて終わるのですが・・・なんでしょうか、いきなり発売日変更になったりサーバーが日本だけ隔離されたりと、大変な目にあっていたり、面白さは充分感じるのにおかしな点も目立ったりとなかなか手ごわいゲームソフトだなぁと思います。

■ S.M.A.R.T.システムと呼ばれる機能がほとんど空気化している点。

Brinkの特徴であり面白さ、それはスピード感溢れる爽快なゲームプレイができること。パルクールアクションを取り入れた”S.M.A.R.T.システム”の採用により、ミラーズエッジの様な難しさがなく、1ボタンでパルクールアクションができるようになっており、爽快感溢れるアクロバティック且つダイナミックなアクションを可能。

と公式にはあるのですが、このパルクールアクションが必須になる場所があまりないのが残念です。ちょっぴりアクション出来る普通のFPSみたいな感じです。私はcoopでキャンペーンモードをクリアしましたがこのS.M.A.R.T.システムを意識して使った場面はせいぜい2回か3回です。

多分ですが、このS.M.A.R.T.システムを意識しすぎたせいで、MAPにも悪影響を与えている気がします。MAPがゴチャゴチャっと複雑化しすぎて、今度はそのせいで銃撃戦に影響が・・・の流れを感じます。

20110516003.jpg

■ チャレンジモードの難易度の調整不測。あと一部システム面が謎仕様

レベルが上がるとかなり難しくなります。難しくなるのはいいのですが、ソロでやるとBOTが3人味方に入ってくれて計4人になるのに、2人coopで遊ぶとBOTが入らず、計2人のまま無限沸きの敵と戦わなければならなくなります。

一応4人までcoopは出来ますが、こういう場合って普通足りなかった分はBOTを入れると思うんです。なぜ2人+2BOTにならないのか・・・。L4Dの難易度エキスパートで考えると、4人中2人死亡だと結構厳しい状態だと思うのですよ><

■ レベルを20まで上げると、自分以下の人(レベル20以下)とマッチングされなくなる

フレンドさんと遊ぼうとした時、レベル差のせいで遊べず。フレンドさんがキャラをもう1体作るはめに。

※マッチングの条件はランクが「自分と同じ」から「自分と同じかそれ以上」です。

レベルが上がればランクも上がるシステムになっており、一定のレベル以上とのマッチングが出来なくなっています。

(Lv1~4:ランク1、 Lv5~9:ランク2 、Lv10~14:ランク3 、Lv15~19:ランク4 、Lv20:ランク5) 「My Rank or Highher(自分のランク以上も乱入可能設定)」という設定は出来ますが現在バグで動作していないです・・・。(2011年5月16日現在)


■ サーバーが不安定すぎる(ラグがひどい)

これについては、私がアジア版を遊んでいて海外鯖に繋げている事はわかっているので、仕方ないかなと思いつつ海外ユーザーからもラグがひどいと言われている状況なので、もしかすると開発側もあまりオンラインテストをやっていなかった可能性があるのかも、と思ってしまいます。あくまで推測ですが・・・。

ざっと個人的に大きく気になった点を書いてみました。細かい点でまだまだ書きたりない部分がありますがそれはまた次の日記で書くかもしれません。(書かないかもしれませんぐへへw)ちなみにラグがひどいと書きましたが、日本人同士で多い時は7人でcoopをして遊びましたが、日本人同士でのラグはそんなに感じませんでした。(たまに位置バグやワープはありましたが^^;)

201105016022.jpg

ここまでネガティブな情報を書いてしまいましたが、オンラインゲームとして見ると私はすごく面白いゲームだと思います。正直ソロ専で遊ぶのは勿体ないです。なのでなおさら、日本だけ隔離サーバーになってしまった事が残念すぎます。日本人同士だとラグを感じなくていいかもしれませんが、隔離はすぐにオンが廃れてしまう印象です。日本鯖隔離でも問題なく過疎らなかったゲームって何かあったっけ・・・。

■ まとめ

いろいろと問題点もあるゲームだけど、遊び続けてると段々このゲームの良さや面白さもわかってくる「するめゲー」的な物だと思います。合う人はすんなり楽しめるだろうし、合わない人はすぐイライラしてフリスビーしたくなるゲーム。個人的にはオンで遊ぶと、荒削りだけど面白いなぁと思いました。

チャレンジモードならソロでも楽しめます。難易度がどんどん鬼畜になっていきますが(・∀・)・・・ただやっぱり、このゲームは基本オンラインありきのゲームだと思います。そう考えたら、回線状況のパッチがあたらないのであれば、日本語版を視野にいれるのもアリかなと。パッチで改善するのならアジア版でも戦えるはず・・・!(私の希望も含まれているのは内緒にしません。)

ちなみに開発元のSplash Damageの公式ブログ(英語)にて、修正・改善パッチを公開するとの情報があるので、日本語版を買おうかどうか迷っている方はパッチが当たった後の状況を見てみるのもいいかもしれません。

【アップデートの詳細】

■米国サイトの早期レビューで指摘された多くの問題に対応、いくつかの大幅な改善も。

■Xbox 360版とPS3版のオンラインプレイにおけるクライアントプレディクションの強化。

■Xbox 360版とPS3版のゲームフリーズに繋がる複数の問題を修正。

■Xbox 360版とPS3版の全てのトレーニングビデオが再生されてしまう問題を修正。

■Xbox 360版のテクスチャーローディング時間を大幅軽減。

■Xbox LIVEのマルチプレイで報告されているラグの問題は現在調査中。

■PS3版のホストマイグレイションに複数の強化。

■PS3版で時折異なるクラスのアビリティホイールが表示された問題の修正。

■Steamで報告されていたPC版のクラッシュ問題に対応。

■PC版においてキャラクターセレクト画面に行く前にゲームを終了させるとキャラクターデータが破損して

 使用不可能になる問題を修正。

■Xbox 360版のアップデートは発売日から配信中。

■PS3版とSteam版のアップデートもその後すぐにに配信中。

■PSNはダウンしているもののPS3本体がオンラインに接続していればアップデートをダウンロードできる。

・・・他細かい点

発売日から配信!多数の修正を含む『Brink』のパッチ情報 -Game*Sparkより

何気にひどいバグあったのね・・・w

BRINK

Brink

開発元:Splash Damage 発売元:海外版:Bethesda Softworks

プレイ人数:キャンペーン1人、CO-OP4人、マルチ対戦2人~16人

発売日:

海外版:2011年5月13日、Xbox360版:2011年6月16日、PS3版:発売日未定

【海外版】 / 【Xbox360版】 / 【PS3版】


!日本語版はオンライン対戦のオンラインマルチプレイが

日本国内のみになります(隔離サーバー)!

ABOUTこのブログの中の人

えれ子

ゲームLOVE。基本なんでもプレイしますが、特に好物なのは『FPS』『ハクスラ』『MOBA系』『箱庭RPG(洋ゲー等)』などなど。『e-sports』という単語を見ると心が踊りだします。ブログの他、ゲーム実況や配信もしています。(たまにユーザー主催の大会配信もするよ!)これらの個人活動とは別に、ゲームレビュー執筆やゲームイベント等で実況プレイやMCなどをやらせて頂いたりもします。将来の夢はお婆ちゃんゲーマーになる事です。他、詳細はAboutをご参照下さい。