ハード関連・ゲーム全般

Xbox360 購入前のQ&A

xbox36001.jpg

「XBOX360を買おうと思うんだけど・・・」

今までも何度か聞かれた事があったのですが、ここ最近特に聞かれる事が多くなったので

今回の日記はXBOX360について、私の感想やレビューをちょこちょこっと載せようかと(・∀・)

この記事は「XBOX360に興味がある」「買おうと思うけど4GBと250GBの違いって何?」等等、

XBOX360の名前を多少は知っている方々を対象とした記事になるので、「XBOX360って何?」

な方は参考にならないです。(ごめんちゃい><)


続きはXBOX360を購入しようかどうかのんびり迷っている方向けのガイド。



目次(クリックでジャンプします)

✔本体の種類

✔そもそも250GBと4GBってどう違うの?

✔オフラインでしか遊ばないから4GBでも足りるかな?

✔USBメモリが使えるって聞いたんだけど

✔4GBの本体と市販のUSBメモリで事足りる?

✔本体の中古品は買っても大丈夫?

✔本体購入時に、一緒に買っておくと良い物ある?

✔簡単な総評

★2011年5月現在、本体は2種類のモデルが登場しています。

Xbox 360 250GB Xbox 360 4GB
モデル Xbox 360 250GB Xbox 360 4GB
定価 29,800円 19,800円
記憶装置 250GBのハードディスク付き 本体に4GBメモリー内蔵
同梱内容 * Xbox 360 S 本体 (プレミアム リキッド ブラック)

* 記憶装置 (内蔵ハードディスク 250GB)

* ワイヤレス コントローラー (リキッド ブラック)

* ヘッドセット (リキッド ブラック)

* コンポジット AV ケーブル

* ACアダプター

* 取扱説明書一式、試供品の乾電池

* Xbox Live 1ヶ月 ゴールドメンバーシップ
* Xbox 360 S 本体 (プレミアム マット ブラック)

* 記憶装置 (内蔵型メモリ 4GB)

* ワイヤレス コントローラー (リキッド ブラック)

* コンポジット AV ケーブル

* ACアダプター

* 取扱説明書一式、試供品の乾電池

* Xbox Live 1ヶ月 ゴールドメンバーシップ
その他 * 本体&ACアダプターが従来のモデルより小さい

* 背面のUSBポートが3つに(従来のモデルは1つ)

* Kinect接続用ポート(従来のモデルはUSB接続)

* ハードディスクが新規格

* 無線LANが内蔵(有線LANポートもあり)

* ディスク回転音などの静穏化

* メモリーユニット使用不可
* 本体&ACアダプターが従来のモデルより小さい

* 背面のUSBポートが3つに(従来のモデルは1つ)

* Kinect接続用ポート(従来のモデルはUSB接続)

* ハードディスクが新規格

* 無線LANが内蔵(有線LANポートもあり)

* ディスク回転音などの静穏化

* メモリーユニット使用不可

※一部分を「さぁxbox360を買いにいこうか!!@wiki」様より引用させて頂きました。

※その他の部分は旧式(アーケードモデル、通常モデルとかの白色の箱○時代)との違いです。


で、表まで書いておきながら、いきなり結論を言うのもなんですが

XBOX360のオンラインサービス(オンライン対戦やゲームダウンロード、追加コンテンツ等)を

利用する・買う予定のある方はXbox 360 250GBモデルを買う事をオススメします。



★そもそも250GBと4GBってどう違うの?

そのまんまですが、4GBの方は「ハードディスクドライブ(以下HDD)が無いバージョン」です。

HDDがついていない代わりとして、セーブ用のメモリ(4GB)が内蔵されています。

(大雑把に考えると、250GBモデルと4GBモデルの差額1万円はHDDがあるかないか分の値段です。)

あとから「HDDの容量を増やしたい!」となった場合、新型の純正HDDを取り付けるか

市販のUSBメモリで容量を補うしか今のところ方法はありません。

!注意!

旧型のHDDは旧型本体にしか取り付けられません。(20GB・60GB・120GB・250GB)

新型のHDDは新型本体にしか取り付けられません。(250GBのみ)

旧型のHDD(250GB)は新型の4GBモデルには使用できません。4GBモデルでHDDを取り付ける場合、

新型の別売りHDDを取り付けることになります。(Xbox 360 S ハードディスク 250GB

別売りHDDの値段が定価15,540円なので、後から買い足すと割高になってしまいます。

(4GBモデル19,800円+別売りHDD(250GB)15,540円=35,340円

ゲームをたくさん遊ぶ方、容量に不安を持つ方は最初から250GBモデルを買う方がお得です。

で、この4GBの容量で実際ゲームを遊ぶのに事足りるのかと言われるとかなり微妙な数字です。

現在XBOX360はゲームをインストールして遊べる仕様になっているのですが、ソフト1本につき

大体4GB~8GBの容量を使います。

2011050101.jpg

CoD:BOを例にとると、ゲームソフトをインストールした段階で既に6.8GBの容量を使います。

あとはオンラインでのアップデートが入る事もありますし、追加ダウンロードコンテンツもHDDの容量を使います。

ゲームはインストールしなくても遊べますが、しておくとロード時間も早くなりますし、本体にも負担が

かかり難くなったりとメリットがたくさんなので使用しない手はないです。

最初に「オンライン対戦を視野に入れている方は~」という文を書いたのは、インストールはともかく

アップデート情報や追加DLCが入ってくるためです。4GBでこれらのデータ容量を補うには少しきついです。

あと余談ですが、最近の体験版ってかなり容量が大きいんですよ・・・。クライシス2やL4D2の体験版を

ダウンロードした時は容量が約2GBありました( ´ω`)・・・なんだかんだいって、ネットを繋げれる環境が

あるのならば、体験版もぜひ遊んでほしいなと。(もちろん体験版は無料ですしおすし!)



★オフラインでしか遊ばないから4GBでも足りるかな?

2011050102.jpg

オフラインでも最近のゲームは「追加ダウンロードコンテンツでMAPが増えたりする」事がありますので

オフゲーしか遊ばないけど、追加DLCが出たら買っちゃうかも!な方も、250GBモデルをオススメします。

私のHDDにあるFallout3の使用容量が追加コンテンツとセーブデータだけで2.4GB使っている事は内緒にしません。

(インストールはしていません><)



★USBメモリが使えるって聞いたんだけど

容量が最低1GB以上~最大16GBまでの市販のUSBメモリを使えます。

が、注意点として、市販されているUSBメモリで使えない物もあります。

(私が持っていた古いUSBメモリで認識しない物が1つあったので、多分ですが転送速度が

ある程度ないと使えないとかでしょうか、比較的新しいUSBメモリなら大丈夫っぽい?)

USBメモリ使いたいけど、どれが動くの?と知りたい方はXBOX360 NXEまとめ@ ウィキをどうぞ。

ちなみに一度フォーマットしてから使用するので、メモリの容量を全部使えるという訳ではありません。

(必要なシステムなどを入れるので、16GBメモリなら実際に使える容量は14GB程度になります。)

バッファロー

↑16GBあるUSBメモリではかなり安い方。XBOX360での使用可。

東芝

↑私が過去使っていた物です。問題なく使えます(・∀・)でもやっぱり純正HDDに比べて

データ呼び出しの動作反応がちょっと遅いのは否めません。(こればかりは仕方ないですね。)

トランセンド・ジャパン

↑比較的安価で、そこそこ速度も出るレビューがある物です。私が次に買うならこれかなーと思っている物なので一応ここにry



★じゃあ4GBの本体と市販のUSBメモリで事足りる?

「4GB本体と16GBのUSBメモリで快適に遊べる?」と聞かれる事があります。

個人的には「不安なら250GBモデルなり純正HDD買った方がいいよ!」と言いたいのですが

もちろん場合によりけりなので、絶対に250GBモデルがいいよ!という訳ではありません。

USBメモリの利点 USBメモリの欠点
・絶対額が純正HDDに比べてかなり安い

・自分のゲーマープロフィールやセーブデータを持ち運べる

・セーブデータのバックアップ等に使える

・フラッシュメモリなので動作音がしない=HDDよりも静か
・対費用で見ると純正HDDより高い

・インストール出来るゲーム本数はせいぜい2本

・純正HDDに比べると動作が遅い(※)

・HDDがないと遊べないゲームがある(MHFなど)

・確実に動作する保障がない

※中にはUSBメモリでデータを呼び出した方が早いゲームもあるみたいです。(Forza3など)

250GBモデルと4GBモデルの差額は1万円です。Amazonで売られている16GBのUSBメモリで

安価な物が約2,000円でした。かなり単純な計算ですが、2,000円の16GBメモリ5本分が差額の

1万円分に該当する訳で、「16GB×5本=80GB」となります。

実際5本以上のUSBメモリを順繰りして使う方はいないと思いますが(いたらごめんなさい><)

コストパフォーマンスは容量比で見ると値段の割りには良くなかったりします( ´ω`)

「自分は何があっても2つ以上ゲームを遊ぶ事はない!」という方は4GBモデルに

USBメモリで事足りると思います。


「今後ほしいゲームは買い続けていくかも」な方は250GBモデルをオススメしておきます。



★本体の中古品は買っても大丈夫?

「中古で買おうと思うんだけど大丈夫?」と聞かれる事もありますが、XBOX360には本体ごとに

シリアルナンバーが設定されています。ですので、何か新しいサービスのベータテスターに応募する際や

マイクロソフトから保障を受ける際にこのシリアルナンバーが必要になってくる場合があります。

で、ここからが問題ですが、シリアルナンバーの他にも本体IDがあり、不正を行った物のアカウントを

本体のIDごとBAN(バン。使用不可能になります。)している場合があります。

本体BANをされると、既存のアカウントはオンライン上で使えませんし、新しくアカウントを作る事も

出来ません。
要はネットを介してXBOX360のサービスを受ける事が出来なくなります。(オン対戦が不可能。)

オフラインでは通常に動きますので、オンライン状態まで確認しないゲーム屋さんなどは通常に動く物として

買い取った後、普通に売り出してしまうと思います。そういうのも全て自己責任で受け止める事の出来る

人や、完全オフ専で遊ぶ方(アップデートデータもダウンロードしない方)しか中古はオススメ出来ません。

オンラインで遊びたい方が中古品を買おうと思った場合は、最低でも「オンラインに繋げられる確認が

取れている本体かどうか」「本体に何らかの改造がされていないかどうか」を調べる必要が出てきます。

一番安全なのは身元がわかる友人等の中古でしょうか。

余談ですが、私の甥っ子がPSP本体を中古で買った時、CFWの状態で売られていました。

本体と一緒に買ったゲームソフトが動かないと持ってこられ、調べてみたら判明した出来事です。

正直、オフでゲームが少し動けばOKで、システム情報やアップデート情報、本体の中身まで

きっちり調べるゲーム屋さんはまだまだ少ないと思っています。

ですので、中古品は自己責任のもと買うかどうかの判断をして下さい。



★本体購入時に、一緒に買っておくと良い物ある?

ケーブル類:

現在XBOX360(両モデル)に付属でついてくるケーブルがコンポジットAVケーブル(赤白黄のやつ)

なのでHDMI等で接続したい方は、別途ケーブルを購入する事になります。

ちなみに新型HDDを除き、周辺機器は旧型も新型も共通して使えます。(2011年5月現在)

■HDMIケーブル

マイクロソフト

↑市販物に不安な方は純正品を買っておけば問題ありませんが、市販の物に比べ値段は高いです( ´ω`)

プラネックス
プラネックス

↑レビューもあり、なにより純正品に比べかなり安いので、個人的にはこっちの方がオススメです。

■D端子ケーブル

Xbox 360 D端子 HD AVケーブル(純正品)

■VGAケーブル

Xbox 360 VGA HD AVケーブル(純正品)

(Xbox 360用)VGA HD AV ロングケーブル(市販品)

■コンポーネントケーブル

Xbox 360 コンポーネント HD AVケーブル(純正品)



コントローラー類:

付属品のコントローラーが無線なので、専用の充電器、もしくは乾電池などが必要になってきます。

(電池の場合は 単三の乾電池×2本 が必要になります。)

マイクロソフト

↑純正品のチャージキット。どんな充電池を買えばいいかわからない方はこれを買えば大丈夫かと。

マイクロソフト

↑上記のチャージキットにワイヤレスコントローラー1個をセットにしたパック。充電器に加え

もう1つコントローラーがほしいなと言う方はこっちの選択肢もあり。

三洋電機

↑電池で繰り返し動かしたい方は、充電できる電池(エネループ)が無難かと思います。

マイクロソフト

↑そもそも無線コントローラーが好きではない、充電がめんどくさい、という方は有線コントローラーオススメ

(どうでもいい情報として私は有線コントローラー派です。)USB端子なので、PCで使う事も出来ます。



ヘッドセット(マイク)類:

XBOX360でオンラインゲームを遊ぶ際、ほとんどのゲームでボイスチャットを使う事が出来ます。

純正品のマイクだと有線、無線の2種類があります。市販品もありますが、音質について劇的に

変わる市販品という物が現時点ではほぼないので、利便性で選べばOKかなと思います。

(ちなみに250GBモデルには最初から有線タイプのマイクが同梱されています。)

マイクロソフト

↑純正品の有線マイク。マイクのON/OFF切り替えは簡単。ただし有線マイクはコントローラー下部にある

マイク端子にさして使うため、コードが邪魔になる不便さもあります。それが気にならない方は問題ありません。

マイクロソフト

↑純正品の無線マイク。私も使っていますが、コードがないのでかなり快適。ただし充電が必要。

あと人によっては長時間装着していると耳が痛くなってきたりする可能性もあります。(私がそうです。)

音質は有線マイクより多少良いかな?と思うレベル。

市販のヘッドセットコンバータや変換アダプタなどで、自分の持っているPC用ヘッドセットを使う事も出来ます。

※赤と緑の端子がついているヘッドセットが使用可能です。USBタイプのヘッドセットは使えないので注意。

個人的には純正品を使うより音質はこっちの方が良かったです。

ゲート

↑PC用のヘッドセットをXbox360コントローラーの端子に接続できるようにするための変換アダプタ

ビクター
ビクター

↑組み合わせて作成する場合はAP-127AとAP-212Aのミニプラグ2種類が必要になります。

無線マイクを買う前に私は購入して使用した事がありますが、問題なくPC用ヘッドセットを使えました。

使い方はAP-212AをAP-127Aに繋げ、AP-127Aを箱のマイク端子部分に接続します。

(ヘッドセットはAP-212Aに接続)



無線LAN、有線LANケーブル類:

新型だと無線LANが内蔵(有線LANポートもあり)されているので、無線LANルータをお持ちの方は

ワイヤレスで接続する事が出来ます。お持ちでない方は有線LANポートからケーブル直挿しする事になります。

XBOX360公式サイトには「Xbox LIVE と互換性のあるネットワーク機器」というリストもあります。

Xbox LIVE と互換性のあるハードウェア

(※もちろんリストに載っていない製品でも動く物は多数あると思いますので参考程度にどうぞ。)

LANポートから直接繋ぐ方は、ケーブルを別途用意する必要があります。一般的なLANケーブルでOKです。

(一般的なLANケーブルはストレートケーブルなので、新しく購入する場合はストレートケーブルを用意。)

エレコム

↑標準的で無難なLANケーブル

エレコム

↑私も使っているフラットタイプ。厚さが1.4mmなので、ケーブルをドアの下の隙間から通したいなぁと考える方にはオススメ。

(上で書いた標準的なケーブルより、多少良いカテゴリー6のケーブルです。)



Xbox LIVE類:

XBOX360でのオンラインサービスの総称。無料と有料があります。

シルバーメンバーシップ(無料)

誰でも無料で加入できる。「ゲーマータグ」「ゲーマープロフィール」の作成

ゲームの追加データのダウンロード、新作ゲームの体験版のダウンロード

予告編ムービーのダウンロード、友達とボイスチャットが可能

ゴールドメンバーシップ(有料)

シルバーメンバーの内容に加え、オンライン対戦(マルチプレイ)が可能

メッセージ(メール)送受信可能、シルバーメンバーよりも体験版を早くダウンロード出来たり

ゴールドメンバー価格で通常よりも安くゲームをダウンロード出来るサービスもあったりします。

!オンライン対戦を考えている方はゴールドメンバーシップが必須になります!

(新品の本体を買うと、3アカウントまではゴールドメンバー1ヶ月分が無料でついてきます。)

【料金・支払方法】

料金体系:1カ月(819円)、3カ月(2,079円)、12カ月(5,229円)

・ゲーム屋さんやコンビニ、ネット通販(Amazon等)でプリペイドを購入する。

(更新するめんどくささはありますが、手軽なのでオススメ。)

・クレジットカードで直接引き落とす。

(定価の値段での引き落とし&期限が来ると自動更新されるので解約したい場合は手続きが必要になるため

あまりオススメできません。)

個人的にはAmazonでの購入がオススメ。(通常価格よりも安いので(・∀・))

月額料金は通常1ヶ月だと約800円ですが、12ヶ月分をまとめて購入すると大体約400円に

抑えることができます。Amazonで12ヶ月を購入すると月額350円ぐらいまで下げる事も可能です。

マイクロソフト

↑1年分。年中がっつり遊ぶ予定の方はこれがオススメです。

マイクロソフト

↑1年もオンラインで遊ぶのかわからない、様子をみたい、という方は3ヶ月分がオススメです。

マイクロソフトポイント

XboxLIVEで使える仮想通貨。MSP、ゲイツポイントとも呼ばれます。

ゲームの追加ダウンロードコンテンツを購入する際などは必要になってきます。

【マイクロソフトポイントの料金・支払方法】

プリペイドカード:700MSP(1,050円)、1400MSP(2100円)、3500MSP(5,250円)

クレジットカード:500MSP(740円)、1000MSP(1,480円)、2000MSP(2,960円)、5000MSP(7,400円)

(※クレジットカードの購入値段はXBOX公式サイトで買う場合です。)

(※マイクロソフトポイントは地域ごとに発行されており、ユーザーが登録した地域の物しか使用できません。)

こちらもメンバーシップ同様、ゲーム屋さんやコンビニ、ネット通販で購入可能です。

定価(コンビニ)だと1ポイント=1.5円ですが、Amazonで買うともう少し安くなります。

マイクロソフト

↑1400MSP。大抵の追加DLCやアーケードゲームはこれ1つで買えます。

マイクロソフト

↑買い置きしておきたい人向け。



★総評してちょーだい。

新しくXBOX360を買おうとお思いの方は、Xbox360 250GBモデルをオススメしておきます。

1ヶ月に1度ぐらいしかゲームをする予定のない方や、超ライトゲーマーな方はXbox360 4GBモデル

でも大丈夫かと思います。

個人的にぶっちゃけると、XBOX360を買おうと思っている時点であなたは立派なコアゲーマーだと思うので、

無難にXbox360 250GBモデルを買った方がいいんじゃないかな!
というオチで一旦〆させて頂きます。

すぐオン対戦をやりたい方は「250GBモデル」と「ゴールドメンバーシップ」、有線LANケーブルで繋ぐ方は

「LANケーブル」を一緒に用意しておく事推奨です。とりあえずこの3つがあればすぐさまオン対戦は可能です。

マイクロソフト
マイクロソフト
エレコム

HDMI環境がある方はケーブルも一緒に用意するといいかもです。

プラネックス
プラネックス

初めて私がXBOX360を購入した時、半年間はメンバーシップを1ヶ月単位で購入してました。

LIVEの良さがわかってから12ヶ月ゴールドを買うようになりました( ´ω`)

なので新品本体についてくる1ヶ月無料分のゴールドメンバーシップと、市販の3ヶ月分を

あわせて4ヶ月、XBOX360でオンライン機能を試してみるのが一番ベターな選択かと思います。

4ヶ月経ってからも「オンライン機能を利用したいなぁ」と思った時に、12ヶ月のメンバーシップを

購入しても遅くはありません(・∀・)

あと実際購入する際の注意点ですが、自転車や徒歩オンリーで買いに行こうとしている方は

ある程度の公共の移動手段を確保して買いに行くか、通販などを利用して購入する方が良いです。

旧箱よりかは軽量化しているので軽くはなっていますが(旧型は外箱込みで約6Kgありました。)

それでも意外と重いので(重量:本体で約3.5kg)長時間の自転車や徒歩だと疲れるかもです。

ちなみに私は過去に自転車で買いに行き、疲れて途中でタクシー使って帰りましたげふんげふん。

ピックアップ記事

  1. 2017年、あけましておめでとうございます。
  2. LANパーティ『C4』が返ってくる!今度は参加企画も予定してます。(C4LAN …
  3. 『HyperX Cloud Revolver』レビュー。 -高水準にまとまったゲ…
  4. 『HyperX Cloud Stinger』レビュー。 ―カジュアルゲーマーも手…
  5. 持ち込みLANパーティ『C4 2016 Fall』へ遊びに行ってきました

関連記事

  1. ハード関連・ゲーム全般

    American McGee’s Alice(アリス イン ナイトメア)の続編が正式発表。

    不思議の国ではあなたがアリス。ようこそ、狂った不思議の国へ。「Am…

  2. ハード関連・ゲーム全般

    『Wii U』がお家にやってきました。

    東京に引越してもうすぐ1ヶ月目、てんやわんやしながらも新天地で楽しく過…

  3. ハード関連・ゲーム全般

    MSKKは夏バテ中かね

    前の日記でXbox LIVEアップデート プレビューの体験日記を書き…

  4. ハード関連・ゲーム全般

    PS3を買いました。

    今更ですがPS3を買いました。本当に今更ですが(・∀・)・・・・。…

  5. ハード関連・ゲーム全般

    Xbox360 2月、3月の購入予定ゲーム

       2,3月は個人的にほしいゲームがたくさんあるの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 【LANイベント】C4 LAN 2017 SPRINGまであ…
  2. LANパーティ『C4』が返ってくる!今度は参加企画も予定して…
  3. 2017年、あけましておめでとうございます。
  4. 期間限定『ポプテピピック ポップアップショップ』へ行ってきま…
  5. 『HyperX Cloud Stinger』レビュー。 ―カ…
  6. 持ち込みLANパーティ『C4 2016 Fall』へ遊びに行…

カテゴリー

げむすぱ放送部

ゲーム情報サイトGame*Spark様のニコニコチャンネル内にて、Milkydriftさんと交互にゲーム配信の実況パーソナリティーを担当しています。旬なゲームからちょっとマニアックなゲームまで幅広く配信中。



げむすぱ放送部:毎週 火曜・金曜の21:00からニコニコチャンネル、Youtube Live内にて放送中。



New Game+(同チャンネル内):毎週木曜の20時から21時まで、1週間のゲームニュースをメインに進行していく番組です。

ニコニコチャンネル(リンク)
Youtube(リンク)

G2A 公式パートナー

ereco banner

海外ゲームショップ:G2A.com(リンク)

PCゲームが安く買える『G2A』で、いつでも使えるクーポンコードを発行しています。よかったら使ってやって下さい。

コード名:ereco

コードやG2Aに関する詳しい内容はこちらの記事からどうぞ!

PAGE TOP