L4D 追加DLC【Crash Course】キャンペーンの感想

2009093014.jpg

Left 4 Deadの追加DLC Crash Course ですが、まったり楽しんでます(・∀・)

元々公式のValveが「560MSPで出すよー」と言ってたのですが、昨日配信されて

数時間ぐらいは800MSP表記でした。(※現在は560MSPに直ってます。)

「560MSPって言ってたけどほんとは800MSPなのかしら・・・」と不安なまま購入。

結局は販売価格が誤表記だった訳ですが、数時間もの間は800MSPで誤配信

されていました。本来560MSPですが、差額の240MSPは戻ってきていないです。

(※この差額分がちゃんと戻ってきている方もいらっしゃるみたいです。)

自分の場合は北米垢に2400MSP分チャージしてた状態だったので、北米タグの方で

DLC落としちゃったんですよね・・・。なのでまぁ問い合わせもきっと不可能ですし、それ以前に

800MSPが嫌なら初めから買わないという選択肢も選べたので、買うからにはもし間違った

表記であろうと、差額が返ってこなくてもまぁいっか(・∀・)みたいな感じで買いました。

でもやっぱり、こういうまぎらわしい誤配信は気をつけてほしいなーとは思います。これがまた

Halo3の時みたいに罠すぎる価格表示だったらネタ扱いで終わってたと思います( ´ω`)

mythic3.jpg

さすがHalo3!おれたちにできない事を平然とやってのけるッ そこにシビれる!あこがれるゥ!

気をとりなおして続きはCrash Course:キャンペーン感想でふ(・∀・)



2009093010.jpg

もともと対戦モードを遊びやすくしたよ!がこのマップのコンセプトらしく、構成が2章のみです。

キャンペーンで遊ぶとマップの長さ的には少々短い感じですが、その分マップの構成が既存の

マップとは少し違って、1本道ではなかった感じです。建物の中を通って表通りにも出れるし

中を通らずそのまま続いてた道を通って表通りにも出れる感じかなーと。けっこー障害物も

多く配置されているので、最初うろうろしていて、気がついたらスタート位置に戻ってた\(^o^)/

とかあってわろたw(自分の方向音痴さパネェwwwとも思った( ´ω`))

2009093006.jpg

キャンペーンの位置づけ的には既存マップのNO MERCYとDEATH TOLLの間に位置する

との事なので、雰囲気的にはDEATH TOLLに少し近い感じの雰囲気だと思う(・∀・)

あと障害物で、車がやたら多いのでタンクが大変おそろしや・・・といった感じなのですが

2009093004.jpg

お約束かのごとくタンク先輩に車を投げられたりしますた\(^o^)/

2009093005.jpg

周りの障害物や道が少し複雑、というか1本道ではないので、感染者の居場所を特定するのが

少し大変かなーと思いました。この辺りはやっぱり対戦モードを遊びやすく、面白くするための

構成がそうさせてるのかな、と言った感じですね(・∀・)

2009093012.jpg

初プレイは一人シングルモードで遊びましたが、夜中にフレンド様と一緒にキャンペーンをば(・∀・)

今回マップが短いといっても、やっぱり一人で遊ぶより多人数で遊ぶ方が楽しいゲームだなと。

あとキャンペーンが短いのは物足りなさもあるけれど、逆を考えればサクッと遊べる利点もあったり

すると思います。特に時間がかかってしまうExpert攻略などは案外これぐらいの短いマップの方が

遊びやすく、集中力が続く感じです。既存マップのExpertは下手するとクリア時間がかかりすぎて

途中でおひらき・・・みたいな流れになる事もあるので。

キャンペーンに関しては、難易度がEasy・Normalだと少し物足りない感じもするけど

Advanced・Expertだと物足りなさはなくなるかなーと個人的に思います(・∀・)

2009093013.jpg

難易度が高い時の一番の強敵、それはポリバケツ連鎖爆発です。

追加実績の方もちょこちょこっと解除していってます。これはまたのちほど(・∀・)

ABOUTこのブログの中の人

えれ子

ゲームLOVE。基本なんでもプレイしますが、特に好物なのは『FPS』『ハクスラ』『MOBA系』『箱庭RPG(洋ゲー等)』などなど。『e-sports』という単語を見ると心が踊りだします。ブログの他、ゲーム実況や配信もしています。(たまにユーザー主催の大会配信もするよ!)これらの個人活動とは別に、ゲームレビュー執筆やゲームイベント等で実況プレイやMCなどをやらせて頂いたりもします。将来の夢はお婆ちゃんゲーマーになる事です。他、詳細はAboutをご参照下さい。