周辺機器・デバイスレビュー

ゼンハイザーのゲーミングヘッドセット『G4ME ZERO』 使ってみた感想とかレビューとか。

2014090301.jpg

皆様こんにちは!お元気でしょうか。私はあいもかわらずゲームづくしの毎日です。

という事で、今回はゼンハイザーから発売されている密閉型ゲーミングヘッドセット『G4ME ZERO』の簡単なレビューを。類似製品として『G4ME ONE』がありますが、基本的な製品仕様は同じベースで、密閉型かオープンエアーデザインか等の細かな違いがあります。

ひとまず今回はG4ME ZEROの方をば。それにしてもAを4で表現するとは、厨二心をくすぐられます。(もちろん褒め言葉。)



2014090302ss.jpg

G4ME ZEROは折りたたみ可能!

プロフェッショナルゲーマーの為に作られたゼンハイザーの最高位ヘッドセット

G4ME?ZERO はゼンハイザーのサウンドテクノロジーにより、最高の音質で立体的に音像を認知することができる大口径密閉式スピーカー、大型ノイズキャンセリングマイクなどを採用したプロフェッショナルゲーマーのためのプレミアムモデル特製の低反発素材とレザーで作られたイヤーパッドで長時間使用も可能。

■リアルかつ圧倒的なサウンドを実現

ゼンハイザーのEARテクノロジ(Eargonomic Acoustic Refinement)を採用。より豊かで高解像度な最高の音質で立体的な音像認知を実現。その圧倒的なサウンドを実現まさにプロフェッショナルゲーマーのための最高のゲーミングヘッドセット

■ハイエンドの快適性とプロ仕様のマイク

低反発素材とレザーで作られた特製のXXLサイズイヤーパッド。極めて快適なフィット感で長時間の使用が可能。ゼンハイザーの技術で作られたプロ仕様の大型ノイズキャセリングマイク周囲の環境騒音を低減し、仲間のゲーマーとの会話やスカイプ通話の音声をクリアに伝える。

■スマートコントロール

右側イヤーカップ部にボリュームコントロールを搭載。イヤーカップ部のボリュームコントロールにより視線を外さず画面に集中出来る。マイクブームを跳ね上げるだけの直感的な操作でマイクのミュートコントロールが可能。

■折りたたみデザインとキャリングケース

コンパクトに折りたたむことができる仕様になっており、付属しているキャリングケースに収納が可能。

G4ME? ZERO の仕様

重量 312g

マイクロフォン ノイズキャンセリング

感度(マイクロフォン) -38dBV/Pa

周波数特性(マイクロフォン) 50 Hz – 16,000 Hz

周波数特性(ヘッドホン) 10 Hz – 26,000 Hz

音圧(ヘッドホン) 最大108dB

インピーダンス(ヘッドホン) 150?

ケーブル長 3m

コネクタ 3.5mm × 2(PC 用)

G4ME? ZERO 製品概要(公式ページ)

2014090303ss.jpg

低反発素材の特製イヤーパッド。付け心地がすごい良い!

「ゲーマーの為に作られたゼンハイザーの最高位ヘッドセット」の謳い文句の通り、高音の伸びが良く低音のバランスが優れている感じ。(全体的にスッキリした音質に聞こえました。)マイク性能も他のゲーミングヘッドセットと比べると圧倒的に良く聞こえます。余談ですが、私がゼンハイザー大好きな理由は音質もそうですが、マイクの性能がとても良いからですね。

密閉型なので付け心地は気になるところだったのですが、これもとてもよかったです。手にした時は大きなイヤーパッドを見て締め付けられるかなぁと思ったのですが、装着してみるとしっかり密閉されているけれど変な圧迫感がなく、フカフカのイヤーパッドでした。私はゲーム中は眼鏡を着用しているのですが、締め付けも感じず耳も痛くなりませんでした。今まで使ったヘッドセットの中で一番付け心地はよかったですね。

問題点があるとすれば、やっぱり『価格』の面だと思います。9月3日現在、Amazonでの『G4ME ZERO』のお値段は約3万円弱(!)正直、気軽に試してみようかなと思うには少なくとも手が伸び辛い値段設定です。もちろん使ってみると3万円の価値は充分にある製品だとは思うのですが、今一歩購入に踏み切る理由がない限り手が伸び難そうだなとも感じます。

ただ個人的には値段以上に大満足できる製品でした。本当に今まで使ってきたヘッドセットの中で付け心地が一番良いです。「ゲームをするためにヘッドセットに数万円だせるぜ!」って方にはこの製品は買って損なしだと思います。メーカー保証も2年あるのが地味に安心。

【国内正規品】ゼンハイザーコミュニケーションズ 密閉型ゲーミングヘッドセット G4ME ZERO

ゼンハイザーコミュニケーションズ 密閉型ゲーミングヘッドセット G4ME ZERO

ゼンハイザーコミュニケーションズ オープン型ゲーミングヘッドセット G4ME ONE Black

ピックアップ記事

  1. 『HyperX Cloud Revolver』レビュー。 -高水準にまとまったゲ…
  2. LANパーティ『C4』が返ってくる!今度は参加企画も予定してます。(C4LAN …
  3. 『HyperX Cloud Stinger』レビュー。 ―カジュアルゲーマーも手…
  4. 持ち込みLANパーティ『C4 2016 Fall』へ遊びに行ってきました
  5. 2017年、あけましておめでとうございます。

関連記事

  1. 周辺機器・デバイスレビュー

    Razer Taipan 使ってみた感想とかレビューとか。

    PCゲームでよく一緒に遊んでいる方からRazer Taipanを譲っ…

  2. 周辺機器・デバイスレビュー

    PCゲーム用に120Hzモニターを買ってみたら世界が変わりました。

    最近PCゲーム(FPS多め)でも遊ぶようになったので、マウスなどの周…

  3. 周辺機器・デバイスレビュー

    Logicool Gaming Mouse G300を買いました。

    ロジクールのGaming Mouse G300(以下G300)を買っ…

  4. 周辺機器・デバイスレビュー

    LOGICOOL MMOゲーミングマウス G600r 使ってみた感想とかレビューとか。

    久々にMMOを遊んでいるわけですが、最近のMMOはキャラに用意された…

  5. 周辺機器・デバイスレビュー

    GeForce GTX680でBattlefield3を遊んでみました。

    最高画質設定にトライ前回の日記で「新しくPCを新調したらPC版のB…

コメント

    • mato
    • 2015年 4月 18日

    いつも楽しく実況見させていただいます!
    質問なんですが、
    よく「音楽向きではない」とい
    うレビューを見るのですが、
    今まで2,3万円のヘッドホンやヘッドセットを買った事がない人からしたら、十分いい音に聞こえると思いますか?

  1. えれ子

    matoさん:
    いつも見てくださってありがとうございます(・∀・)!

    ご質問の返答ですが、基本的にFPSなどで使われるであろう
    「ゲーム用(ゲーミングヘッドホン等)」とうたっている物は
    高音域が聞こえやすい作りになっている物が多い印象なんですね。

    特にこの『G4ME ZERO』はかなり高音の伸びがハッキリしたタイプの製品なので
    重低音が心地良い音楽を聴く場合には残念ながら不向きかと思われます。

    製品自体はとても良いものなので、1000円ぐらいの製品と比べたら
    音楽鑑賞にも充分使えるものだと思います(・∀・)
    ただ音楽鑑賞での音質にこだわる場合ですと、個人的には
    もうちょっと値段が安めでも音楽用に適したヘッドセットがあるかなーといった印象です。

    かなり個人主観の入った返答になってしまいましたが(すみません…!)
    参考になれば幸いです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 【LANイベント】C4 LAN 2017 SPRINGまであ…
  2. LANパーティ『C4』が返ってくる!今度は参加企画も予定して…
  3. 2017年、あけましておめでとうございます。
  4. 期間限定『ポプテピピック ポップアップショップ』へ行ってきま…
  5. 『HyperX Cloud Stinger』レビュー。 ―カ…
  6. 持ち込みLANパーティ『C4 2016 Fall』へ遊びに行…

カテゴリー

げむすぱ放送部

ゲーム情報サイトGame*Spark様のニコニコチャンネル内にて、Milkydriftさんと交互にゲーム配信の実況パーソナリティーを担当しています。旬なゲームからちょっとマニアックなゲームまで幅広く配信中。



げむすぱ放送部:毎週 火曜・金曜の21:00からニコニコチャンネル、Youtube Live内にて放送中。



New Game+(同チャンネル内):毎週木曜の20時から21時まで、1週間のゲームニュースをメインに進行していく番組です。

ニコニコチャンネル(リンク)
Youtube(リンク)

G2A 公式パートナー

ereco banner

海外ゲームショップ:G2A.com(リンク)

PCゲームが安く買える『G2A』で、いつでも使えるクーポンコードを発行しています。よかったら使ってやって下さい。

コード名:ereco

コードやG2Aに関する詳しい内容はこちらの記事からどうぞ!

PAGE TOP