Diablo III Whimsyshireに遊びに行ってきました。

2012052003ss.jpg

Diablo3の隠し部屋(シークレットレベル)「Whimsyshire」に遊びに行ってきました。

※続きはネタバレ含むので、知りたくない方は要注意。

Whimsyshireとは

シークレット部屋の「Whimsyshire」は、前作のCowCow牧場にあたるものと思われます。

Whimsyshireをアンロックするには、複数のアイテムが必要になります。

Whimsyshire専用のBannerとSigil「The Land Of Killer Unicorns」実績が用意されています。

また、条件を揃えることで何度でも遊ぶことが可能です。

必要アイテム

Act 1:
Black Mushroom
“Cathedral”Level 1に発生(マップにランダムではえている)
Act 1:
Shinbone
Leoric’s Manorの暖炉からランダムで見つかる
Act 2:
Wirts Bell
街に居る商人が販売(左下の幼女が100,000Gで売っている)
Act 2:
Liquid Rainbow
Dahlgur OasisのMysterious Caveのチェストから発生。(場所はPath to the Oasisからすぐ右下にある袋小路。ランダムでMerchantというNPCが現れ、助けるとMysterious Caveの入り口を開く) Mysterious Chestというチェストがランダムで出現し、中に確定で入っている(?) 
Act 3:
Gibbering Gemstone
The Bridge of KorsikkにあるCaverns of Frost(氷の洞窟)のLevel2にランダムで出現するChiltara(紫ネーム)からドロップ。ゲームを生成した際Fields of SlaughterにIcefall CavesかCaverns of Frostのどちらかが生成されるので、Caverns of Frostが現れるまでゲームを生成し直す必要がある。
Act 4:
Plan(計画書)
Izualからランダムドロップ(IzualはAct 4の4つ目のクエストPRIME EVILを最初からやり、4番目のエリアに居る) ナイトメア、ヘルのPlan:Staff of HerdingはAct4の商人が販売

ノーマルで作ったStaff of Herdingではノーマルでしか使えず、ナイトメア以降で使うには、それぞれの難易度で

手に入れたPlan:Staff of Herdingと下位難易度ので作ったStaff of Herdingが必要。

作成費用はノーマル:50k ナイトメア:200k ヘル:500k

Staff of HerdingさえあればどのキャラクターでもCow Kingが出現しWhimsyshireへ行ける。

2012052001ss.jpg

と長い前置きをwikiなどからひっぱってきましたが、いやはや、とてもファンシーでしたw

敵の強さは、その難易度の最後あたりの敵の強さです。(Act4の敵よりちょっと強いかな?)今回フレンドさんに連れていってもらった難易度はノーマルだったので、特に問題なく敵は倒せたのですが・・・

この隠し部屋の噂で「Normalモードではそれほど強力なアイテムはドロップされないが,必ず1つはLegendaryアイテムが手に入るほか,Magicアイテムの出現率も高いらしい。」という文章をいたる所で見ますが、レジェンダリーどころかレアすら1つも出ませんでしたwww

「みんな私を騙したのね!11」と言いたい気持ちでいっぱいですが、まぁノーマルでしたし、そういう日もあるよね!って事で雰囲気はとても楽しかったのでよしとします。私のMagic Find率も7%しかなかったので、もしかしたらその辺の関係かしら・・・。青色ドロップはまぁそこそこしてたかな・・・多分・・・。

難易度をかえればもしかするとやっぱり出るのかな?とわくわくした気持ちでまた次の難易度で突入してみます(・∀・)

2012052002ss.jpg

ファンシー過ぎて逆に怖すぎわろた

SteelSeries

Amazonで詳細を見る

SteelSeries 

Amazonで詳細を見る

ABOUTこのブログの中の人

えれ子

ゲームLOVE。基本なんでもプレイしますが、特に好物なのは『FPS』『ハクスラ』『MOBA系』『箱庭RPG(洋ゲー等)』などなど。『e-sports』という単語を見ると心が踊りだします。
ブログの他、ゲーム実況や配信もしています。 個人活動とは別に、ゲームレビュー執筆やゲームイベント等で実況プレイやMCなどをやらせて頂いたりも。

将来の夢はお婆ちゃんゲーマーになる事です。ほか、詳細はAboutをご参照ください。